首イボに良いハトムギとは?その効果についても解説!

ハトムギはジュズダマの栽培種

首イボを取るにはハトムギが良いと聞いたことはありませんか?
ハトムギとは?イネ科ジュズダマ属の植物のことを言います。
ハトムギは南アジアに良く見られるジュズダマの栽培種です。

ジュズダマは1mほどまで伸びますが、日本で栽培されているハトムギは1.5mほどまで伸びます。
ジュズダマの殻は固く剥きにくいですが、ハトムギは柔らかいために容易に剥くことが可能です。
日本では4月から6月頃に種まきすると9月から10月頃に収穫できるようになります。

ハトムギの用途は?

お茶や製粉、雑穀米原料、菓子加工などハトムギの用途はいろいろです。
その他にもハトムギの持つ効果に注目が集まり、医薬品や化粧品にも用いられるようになりました。

ハトムギに含まれるコイクセノリド

ハトムギにはコイクセノリド、ビタミンB2やB6、カリウム、タンパク質、カルシウム、食物繊維などいろいろな成分が含まれています。
このうち不飽和脂肪酸のコイクセノリドには抗腫瘍作用があります。
私たち人の皮膚にできる腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍と大まかに分けて2種類あります。
このうち首イボは良性腫瘍のため、抗腫瘍作用を持つ成分が含まれているハトムギにはイボ取り効果があると言われているのです。

ただし良性腫瘍なのか悪性腫瘍なのか一般の方が見分けるのは難しいです。
短期間で急に大きくなったなど、気になる時は病理検査を受けてみて下さい。
病理検査により良性腫瘍なのか悪性腫瘍なのか分かります。

ハトムギに含まれるビタミンB2

ハトムギに含まれるビタミンB2には細胞の再生をサポートすると言う働きがあります。
この働きにより肌荒れにも効果が期待できるのです。
ビタミンB2は成長ホルモンをサポートする働きもあるため、発育ビタミンとも呼ばれています。

ハトムギに含まれるビタミンB6

ビタミンB6には皮膚の新陳代謝を活発にする働きがあります。
首イボは加齢などで新陳代謝が落ちてくるとできやすいです。
そのためビタミンB6で活発にすると首イボの解消が期待できるのです。

ハトムギに含まれるカリウム

カリウムには利尿作用やむくみ解消作用があります。
高血圧の予防にも良いと言われており、健康維持にも期待値の大きな成分となっています。
特にインスタント食品やジャンクフードなどを良く食べる方は塩分濃度が高まりやすいです。
そのため積極的にカリウムを摂取したいところです。

ハトムギに含まれるカルシウム

カルシウムは歯や骨を丈夫にするために役立っている成分です。
そのため骨粗しょう症の予防にも有効です。
その他にも精神を安定させる作用、高血圧の予防作用もあると言われています。

ハトムギに含まれる食物繊維

食物繊維は摂取しても吸収されずに排出されるだけと思われてきました。
しかし最近では整腸作用があることが分かっています。
そのため便秘に悩まされている方にも魅力の大きな成分となっています。

首イボに魅力なハトムギとは?いろいろな効果が期待できる植物

このようにハトムギは首イボを取るだけではありません。
美容や健康などいろいろな効果が期待できる植物なのです。