首イボに美容液感覚で使えるハトムギ保湿ジェル!

ハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェルではどう違う?

ナチュリエではハトムギ化粧水の他、ハトムギエキス配合のハトムギ保湿ジェルも展開しています。
ハトムギ化粧水もハトムギ保湿ジェルも保湿目的と言う点では同じです。
しかしハトムギ保湿ジェルには美容液感覚で使えると言う違いがあります。

ハトムギ化粧水はお水のような液体状になっています。
手のひらを使用し、パシャパシャとお肌に塗布していく使用感です。
それに対してハトムギ保湿ジェルはジェル状になっており、手のひらでジェルを伸ばしていく使用感となっています。

その他にもハトムギ保湿ジェルはノンコメドジェニックテスト済みであると言う違いもあります。
ノンコメドジェニックテストと言われても何のテストか分かり難いですよね。
初期ニキビのことをコメドと呼んでいます。

ノンコメドジェニックテストでは化粧品のテストを行い、ニキビの元になるコメドができないかどうかチェックしています。
できなかった化粧品はノンコメドジェニック化粧品としてアピールできるようになります。
そのためノンコメドジェニックテスト済みのハトムギ保湿ジェルはニキビが気になると言う方にも魅力の大きな化粧品となっています。
ただし100%必ずニキビができないと言う保証ではありません。
ニキビの元ができにくい化粧品と言う認識で使用して下さい。

ハトムギ化粧水を使用した後は乳液やクリームで保護することが必要ですが、ハトムギ保湿ジェルを肌に塗布するとマイクロジェル層と言う保護膜が作られます。
そのためハトムギ保湿ジェルは乳液やクリームが不要と言う違いもあります。
この保護膜により保湿成分のハトムギエキスが長く肌に留まるのが良いところです。

ハトムギ保湿ジェルもハトムギ化粧水同様、香料や着色料は不使用です。
ハトムギ保湿ジェルはアルコールフリーとなっており、さらに肌にやさしい作りになっています。
アルコールによる刺激も気になると言う方はハトムギ保湿ジェルの方がおすすめです。

ハトムギ保湿ジェルのお値段は900円となっています。
650円のハトムギ化粧水と比べると若干高めのため、なるべく節約したいと言う方はハトムギ化粧水の方が良いでしょう。

ハトムギ保湿ジェルは朝にも夜にも使える

ハトムギ保湿ジェルは朝お出かけ前の保湿ケアから、夜帰宅時のジェルパックまで使えます。
首回りの肌に塗布しても、ベタつかずにスッと浸透していきます。
180g入りと内容量が多いためにたっぷり使えるのも魅力の一つです。