「未分類」カテゴリーアーカイブ

首イボにヨクイニンがなぜ効くの?どんな成分なのか分かり易く解説!

そもそもヨクイニンとは?

ハトムギ茶を飲んだことがあると言う方は多いと思います。
ハトムギ茶ではその名の通り、ハトムギと言うイネ科の植物を原材料に使用しています。
豊富な栄養素が含まれており、美容や健康に良いとして良く知られていますよね。

ヨクイニンとは?このハトムギの殻を剥いた種子のことです。
この種子のことを生薬名でヨクイニンと呼んでいます。
生薬では植物類や動物類、菌類、鉱物類などを原材料に使用しています。

首イボにヨクイニンが効く理由は?

肌のターンオーバーは年齢とともに遅くなり、肌表面に角質が溜まり易くなります。
この角質が首イボの元になりますが、ヨクイニンにはターンオーバーを正常化させる働きがあるコイクセラノイドが豊富に含まれているのです。

紫外線を長期間浴びると肌に含まれているNMFと言う天然保湿因子が少なくなります。
肌の保水力が低下し、乾燥しやすくなるのです。
この乾燥も首イボが出来やすくなります。
ヨクイニンにはNMFを補う働きもあり、肌の乾燥を抑えてくれるのです。

ヨクイニンは短期間で一気に首イボを治すと言う成分ではありません。
期間を掛けながらゆっくりと治していくと言う成分です。
1か月以上使用してみて効き目が出るかどうか確かめて見ることが必要です。
効き目が出ない時は他の方法を考える必要が出てきます。

ヨクイニンはどんなものに配合されているの?

漢方薬ではむくみや関節や筋肉の痛みを緩和する目的で、民間薬ではイボや肌荒れを改善させる目的でヨクイニンを配合しています。
医薬品の場合は口から飲んで使用するものが一般的となっています。
身体の内側から首イボの改善を狙っていきます。

その他にもヨクイニン配合の化粧品があります。
化粧水やジェル、クリームなどいろいろなタイプがあります。
どの化粧品も首イボが気になる部分に塗って使用します。
保湿成分としてヨクイニンを配合する化粧品が多く、乾燥した肌にうるおいを与えます。

ハトムギ茶を飲めば首イボが取れる?

ハトムギ茶は漢方薬や民間薬、化粧品と違って含まれる成分の量が少ないです。
そのためハトムギ茶を飲むだけでは中々難しいことがありました。

しかしカフェインが含まれておらず、小さなお子さんから年配の方まで手軽に飲めるのが良いところです。
ミネラルが豊富に含まれているため、夏場のミネラル不足を補う飲み物としても魅力が大きいですよね。
ハトムギ茶を飲む場合は国産ハトムギ100%のものがおすすめです。

首イボってイボコロリでも治るの?どんなものでも使えるの?

イボコロリにはいろいろな種類がある

イボを治せる市販薬と言うとイボコロリのイメージがありますよね。
そんなイボコロリにはいろいろな種類があるって知っていますか。
液体タイプ、絆創膏タイプ、錠剤タイプと大まかに分けて3種類あります。

イボコロリの液体タイプ

イボコロリの液体タイプでは角質軟化溶解作用があるサリチル酸を配合しています。
ウオノメやタコ、イボの固い角質を柔らかくし、取り除きます。

患部に液体を少しずつ塗っていくだけと使用方法は簡単です。
しかし首回りの柔らかい皮膚に出来る老人性首イボには成分の刺激が強いです。
そのため液体タイプは使用しないで下さい。

イボコロリの絆創膏タイプ

イボコロリの絆創膏タイプでもサリチル酸を配合しています。
薬剤が浸透している部分を患部に貼り付けするだけと簡単です。
薬剤の効き目により、柔らかくなったウオノメやタコ、イボをピンセットなどで取り除きます。
しかし絆創膏タイプも首イボには使用しないで下さい。

首イボに使用できるイボコロリは?

首イボに使用できるのは錠剤タイプのイボコロリです。
イボコロリ内服錠と言い、ヨクイニンエキスを配合しています。

ヨクイニンエキスは生薬のため、身体にやさしい成分です。
そのため老人性首イボに使用しても安全です。

大人1回6錠、1日3回食前または食間にお口から錠剤を飲んで使用します。
この使用方法だと1日に18錠飲む計算となります。
この18錠にヨクイニンエキス1998.0mg含まれています。

しかし効き目が穏やかのため、すぐに治ると言うことは少ないです。
もし1か月以上使用しても効き目が出ない場合はいったん中止して下さい。

ヨクイニンエキスには発疹や痒み、胃部不快感、下痢などの副作用があります。
副作用かなと思ったら使用を中止し、医師や薬剤師や登録販売者に相談してみて下さい。

最近ではインターネットでも医薬品を扱っていますよね。
イボコロリ内服錠も扱っていますので、自宅に居ながら簡単に手に入ります。
180錠入りで1400円ほどの価格となっています。

医薬品には使用期限があるのをご存知ですか。
ヨクイニンエキスは植物のハトムギを原材料に使用しているため、開封後は品質が変わることがあります。
そのため印刷してある使用期限はきちんと守って下さい。

症状に合ったイボコロリを選ぼう

このようにイボコロリはどんなものでも首イボに使用できると言う医薬品では無いのです。
自分の症状に合ったイボコロリを選んで使用して下さい。

首イボに効く市販薬は?どんなものが良いのかおすすめを紹介!

首イボの市販薬に多い第3類医薬品

風邪を引いた時には風邪薬、胃腸の調子が悪い時には胃腸薬などの市販薬がありますよね。
病院やクリニックまで行かなくても症状に効くために便利です。
首イボにも市販薬は無いだろうかと探している方は多いのではないでしょうか。

首イボの改善が期待できる市販薬には第3類医薬品と言うものが多くなっています。
要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品と医薬品には大まかに分けて4種類あります。

このうち第3類医薬品は効果が穏やかで、副作用の心配が少ない医薬品です。
そのため首イボの市販薬は安全性の高いものが多くなっています。
要指導医薬品と違い、通販でも購入することが可能です。

ヨクイニンエキス配合

首イボの市販薬にはヨクイニンエキス配合と言うものが良く見られます。
ヨクイニンエキスはハトムギの種子から抽出した成分で、イボや肌荒れに効く生薬の一種です。
ブレンド茶の中にハトムギが入っていたと言うことは無いでしょうか。
あのハトムギを用いているのです。

ヨクイニンSコタロー

ヨクイニンSコタローは生薬ヨクイニンエキスを配合した第3類医薬品です。
240錠入りと720錠入りと2種類あります。
720錠なら48日ほど使用することが可能です。
成人は1回5錠、1日3回飲んで使用します。

イボコロリ内服錠

イボコロリ内服錠もヨクイニンエキス配合の第3類医薬品です。
180錠入り、成人は1回6錠、1日3回が目安となっています。
液体タイプのイボコロリは第2類医薬品です。
此方の方が効きそうですが、首イボには使用できないためにイボコロリ内服錠を選んで下さい。

オルジェパール

オルジェパールはヨクイニンエキスを配合した第3類医薬品です。
180錠入り、成人は1回当たり2錠、1日3回を目安に飲みます。
180錠なら1か月ほど使用することが可能です。

ヨクイニンエキス顆粒クラシエ

ヨクイニンエキス配合のヨクイニンエキス顆粒クラシエは顆粒タイプの第3類医薬品です。
錠剤は飲みにくいと言う方は此方が便利です。
24包入り、成人は1回1包、1日3回を目安に飲みます。

ヨクイニンエキスの副作用

ヨクイニンエキスは日常生活に影響するような副作用は殆どありません。
しかし皮膚に発疹、発赤、かゆみ、消火器に胃部不快感と言った副作用が出る可能性があります。
副作用が続いた時、強くなった時は使用を中止して下さい。

首イボをキレイに取るにはどうしたら良い? おすすめの取り方は?

首イボを取る方法はいろいろ

首回りを触ってみたら、イボの感触があって気が付いたと言う方は多いのではないでしょうか。
鏡を見た時に首イボが目立っていたら気になりますよね。

この首イボはいろいろな取る方法があります。
自分で取る場合はハサミ、医薬品、専用クリームなどの方法があります。

ハサミは突起を指でつまんで、首イボの根元からチョキンと切り取ると言う方法です。
手軽に取れる反面、切り取り過ぎると強い痛みや出血が発生することがあります。
傷口がきれいに治らず跡になって残る可能性、雑菌が傷口から侵入する可能性、ウイルス性イボだった場合は他の場所に広がる可能性があるためにおすすめは出来ません。

首イボを取る方法のうちおすすめの取り方

おすすめなのが医薬品や専用クリームです。
医薬品や専用クリームなら強い痛みや出血の心配はありません。
傷口も作らないため、跡が残ることも雑菌が侵入することも殆どありません。

医薬品や専用クリームにはヨクイニンエキス、別名ハトムギエキスを配合したものが良く見られます。
ヨクイニンエキスには肌の新陳代謝を高める作用や保湿作用があります。

医薬品は口から飲む内服薬がおすすすめです。
錠剤タイプと顆粒タイプがあり、どちらか飲みやすい方を選べます。
医薬品ですので使用方法はきちんと守って下さい。

専用クリームは首回りの肌に塗って使用します。
塗る前に首回りの肌をきれいに洗って下さい。
そのまま全身に使用できるものが多くなっていますが、使い過ぎるとすぐ新しい専用クリームが必要になってしまいます。

病院やクリニックで取ると言う方法も

自分では取れなかったと言う時は病院やクリニックで取ると言う方法がおすすめです。
首イボ治療には医療用ハサミで切り取る、手術で切り取る、液体窒素で破壊する、電気メスで焼灼させる、炭酸ガスレーザーで蒸散させるなどいろいろです。

ハサミを使用し、自分で切り取ると言う方法はリスクが高いです。
しかし医師が切り取りする首イボ治療なら安全となっています。
ハサミでは無理な大きさと言う時は手術の方が適しています。

液体窒素で破壊すると言う取り方は首イボ治療の中でも一般的となっています。
電気メスで焼灼させる首イボ治療は熱凝固により、殆ど出血はありません。
炭酸ガスレーザーもピンポイントで首イボに照射できるために安全です。

病院やクリニックによって受けられる首イボ治療が異なります。
事前にホームページをチェックしてから来院すると良いでしょう。

首イボが出来る原因ってなに?非ウイルス性とウイルス性では異なる!

非ウイルス性とウイルス性の首イボ

顔は日頃から鏡を見ることが多いですが、首回りまではあまり見ませんよね。
そのため気付かないうちに首イボが増えていると言うことがありました。

原因が分からず不安に感じると言う方は多いのではないでしょうか。
この首イボには非ウイルス性とウイルス性とあり、それぞれ原因が異なります。

非ウイルス性首イボの原因は?

非ウイルス性首イボにはアクロコルドンやスキンタッグ、軟性線維腫などの種類があります。
これらの首イボは遺伝しやすいと言われています。
家族の中に首イボの症状が見られましたら、出来やすい遺伝を受け継いでいる可能性があります。

遺伝的に首イボが出来やすいと言う方が注意したいのが摩擦です。
首回りの肌は衣服や下着、ネックレスなどで摩擦が起きやすいことがありました。
衣服や下着は摩擦の少ない素材のもの、サイズも一回り大きめのものを選ぶと良いでしょう。
ネックレスは汗のかきやすい夏は特に注意が必要です。

その他にも原因となるのが紫外線です。
紫外線は皮膚にダメージを与えるため、それがきっかけとなり首イボが出来ることがあります。
特に若い頃から日焼けしている方は要注意です。
首回りには紫外線対策を行うと良いでしょう。

ウイルス性首イボの原因は?

ウイルス性首イボはヒトパピローマウイルスが原因となっています。
このウイルス性イボのことを尋常性疣贅と言います。
このヒトパピローマウイルスは皮膚や粘膜にある傷口から侵入し、感染すると言われています。

インフルエンザでは一度感染すると体内に抗体が出来ますよね。
抗体が出来れば同じインフルエンザなら感染し難くなります。
しかしヒトパピローマウイルスは抗体が出来難いために感染を何度でも繰り返すことがあります。

ヒトパピローマウイルスは皮膚表面にある厚い角質を好みやすいです。
そのため手足の裏、かかとなどに出来ることがありました。
首回りはそれ程角質が厚くないため、ウイルス性イボが首に出来ることは少なくなっています。
しかしどの場所に出来ても感染性があるために注意が必要です。

悪性腫瘍の可能性

痒みがある、急に大きくなった、左右で形が不規則などが見られた時は悪性腫瘍の可能性があります。
非ウイルス性首イボは良性腫瘍なので心配ありませんが、悪性腫瘍の疑いがある場合はすぐに医療機関で診て貰った方が良いです。
良性腫瘍と悪性腫瘍との見分けは一般の方では難しいことがありました。
しかし医療機関で病理検査を受ければすぐに分かります。

首イボの大きいサイズはどうやって取るの?手術は必要なの?

首回りにできる首イボの大きさは?

30代40代以降にできた首回りのイボは老人性首イボの可能性があります。
この老人性首イボは脂漏性角化症とも呼んでおり、1ミリから2ミリ程度の大きさです。
比較的小さいですが、数が増える目立つために困りますよね。
続きを読む 首イボの大きいサイズはどうやって取るの?手術は必要なの?

首イボに良いハトムギとは?その効果についても解説!

ハトムギはジュズダマの栽培種

首イボを取るにはハトムギが良いと聞いたことはありませんか?
ハトムギとは?イネ科ジュズダマ属の植物のことを言います。
ハトムギは南アジアに良く見られるジュズダマの栽培種です。

ジュズダマは1mほどまで伸びますが、日本で栽培されているハトムギは1.5mほどまで伸びます。
ジュズダマの殻は固く剥きにくいですが、ハトムギは柔らかいために容易に剥くことが可能です。
日本では4月から6月頃に種まきすると9月から10月頃に収穫できるようになります。

ハトムギの用途は?

お茶や製粉、雑穀米原料、菓子加工などハトムギの用途はいろいろです。
その他にもハトムギの持つ効果に注目が集まり、医薬品や化粧品にも用いられるようになりました。

ハトムギに含まれるコイクセノリド

ハトムギにはコイクセノリド、ビタミンB2やB6、カリウム、タンパク質、カルシウム、食物繊維などいろいろな成分が含まれています。
このうち不飽和脂肪酸のコイクセノリドには抗腫瘍作用があります。
私たち人の皮膚にできる腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍と大まかに分けて2種類あります。
このうち首イボは良性腫瘍のため、抗腫瘍作用を持つ成分が含まれているハトムギにはイボ取り効果があると言われているのです。

ただし良性腫瘍なのか悪性腫瘍なのか一般の方が見分けるのは難しいです。
短期間で急に大きくなったなど、気になる時は病理検査を受けてみて下さい。
病理検査により良性腫瘍なのか悪性腫瘍なのか分かります。

ハトムギに含まれるビタミンB2

ハトムギに含まれるビタミンB2には細胞の再生をサポートすると言う働きがあります。
この働きにより肌荒れにも効果が期待できるのです。
ビタミンB2は成長ホルモンをサポートする働きもあるため、発育ビタミンとも呼ばれています。

ハトムギに含まれるビタミンB6

ビタミンB6には皮膚の新陳代謝を活発にする働きがあります。
首イボは加齢などで新陳代謝が落ちてくるとできやすいです。
そのためビタミンB6で活発にすると首イボの解消が期待できるのです。

ハトムギに含まれるカリウム

カリウムには利尿作用やむくみ解消作用があります。
高血圧の予防にも良いと言われており、健康維持にも期待値の大きな成分となっています。
特にインスタント食品やジャンクフードなどを良く食べる方は塩分濃度が高まりやすいです。
そのため積極的にカリウムを摂取したいところです。

ハトムギに含まれるカルシウム

カルシウムは歯や骨を丈夫にするために役立っている成分です。
そのため骨粗しょう症の予防にも有効です。
その他にも精神を安定させる作用、高血圧の予防作用もあると言われています。

ハトムギに含まれる食物繊維

食物繊維は摂取しても吸収されずに排出されるだけと思われてきました。
しかし最近では整腸作用があることが分かっています。
そのため便秘に悩まされている方にも魅力の大きな成分となっています。

首イボに魅力なハトムギとは?いろいろな効果が期待できる植物

このようにハトムギは首イボを取るだけではありません。
美容や健康などいろいろな効果が期待できる植物なのです。

首イボを化粧品で取るには?ハトムギ化粧水が魅力的!

ハトムギ化粧水とは?

イミュ株式会社ではナチュリエと言うブランドを取り扱っています。
このナチュリエでスキンコンディショナーとして展開しているのがハトムギ化粧水です。
その名の通り、ハトムギ化粧水ではハトムギエキスを配合しています。

化粧水は肌を保湿し整えたい時に使用するものですよね?
洗顔後に化粧水で保湿、美容液で美容成分を肌に補給し、乳液やクリームで肌を保護します。
そのためハトムギ化粧水では保湿目的でハトムギエキスを配合しています。
その保湿力に人気が集まり、売上本数第一位になったことがあります。

化粧水を肌に塗布した後、ベタつきが気になることがありました。
成分の浸透性が悪いとベタつきに繋がりやすいです。
しかしハトムギ化粧水は浸透性が良いため、ベタつかずにサラっとした使用感となっています。

幾ら肌に良い成分でも肌に浸透しないのでは意味が無いですよね?
ベタつきが見られる肌に乳液やクリームを塗布する気にならないことが多いです。
そんな時でもハトムギ化粧水なら使い易いのが良いところです。

内容量が少ない化粧水だとすぐに無くなってしまうことがありました。
勿体ないため少量だけ使用すると言う方は多いのではないでしょうか。
しかし少量では十分な保湿効果が期待できないことがあります。

内容量の多い化粧水だとお値段が高くなってしまいます。
そんな時でもハトムギ化粧水なら500mlもの大容量タイプで650円と言うお値段です。
たっぷり使用しても負担が少ないのが魅力の一つとなっています。

首イボはハトムギ化粧水で取れるの?

ナチュリエのホームページではハトムギ化粧水を紹介しています。
ここでは首イボが取れると言う文字は見当たりません。

ハトムギエキスの原材料となっているのがハトムギです。
このハトムギから抽出したエキスには肌のターンオーバーを活性化させる働きがあります。
肌のターンオーバーが乱れると、肌に古い角質が溜まり易くなります。
そのため古い角質が小さく固まった首イボを取りたい時に有効と言われているのです。

刺激成分含まれている化粧水を敏感肌の方が使用すると肌が乾燥しやすくなります。
しかしハトムギ化粧水は香料や着色料、オイル、界面活性剤など刺激性のある成分は不使用となっています。
刺激性のある成分で肌トラブルが起きてしまったと言う方でも安心です。

ハトムギはイネ科の植物です。
そのため同じイネ科の植物である小麦に対してアレルギーを持っている方は注意して下さい。
分からないと言う方は肌への反応を見るためにパッチテストを行って下さい。

首イボに美容液感覚で使えるハトムギ保湿ジェル!

ハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェルではどう違う?

ナチュリエではハトムギ化粧水の他、ハトムギエキス配合のハトムギ保湿ジェルも展開しています。
ハトムギ化粧水もハトムギ保湿ジェルも保湿目的と言う点では同じです。
しかしハトムギ保湿ジェルには美容液感覚で使えると言う違いがあります。

ハトムギ化粧水はお水のような液体状になっています。
手のひらを使用し、パシャパシャとお肌に塗布していく使用感です。
それに対してハトムギ保湿ジェルはジェル状になっており、手のひらでジェルを伸ばしていく使用感となっています。

その他にもハトムギ保湿ジェルはノンコメドジェニックテスト済みであると言う違いもあります。
ノンコメドジェニックテストと言われても何のテストか分かり難いですよね。
初期ニキビのことをコメドと呼んでいます。

ノンコメドジェニックテストでは化粧品のテストを行い、ニキビの元になるコメドができないかどうかチェックしています。
できなかった化粧品はノンコメドジェニック化粧品としてアピールできるようになります。
そのためノンコメドジェニックテスト済みのハトムギ保湿ジェルはニキビが気になると言う方にも魅力の大きな化粧品となっています。
ただし100%必ずニキビができないと言う保証ではありません。
ニキビの元ができにくい化粧品と言う認識で使用して下さい。

ハトムギ化粧水を使用した後は乳液やクリームで保護することが必要ですが、ハトムギ保湿ジェルを肌に塗布するとマイクロジェル層と言う保護膜が作られます。
そのためハトムギ保湿ジェルは乳液やクリームが不要と言う違いもあります。
この保護膜により保湿成分のハトムギエキスが長く肌に留まるのが良いところです。

ハトムギ保湿ジェルもハトムギ化粧水同様、香料や着色料は不使用です。
ハトムギ保湿ジェルはアルコールフリーとなっており、さらに肌にやさしい作りになっています。
アルコールによる刺激も気になると言う方はハトムギ保湿ジェルの方がおすすめです。

ハトムギ保湿ジェルのお値段は900円となっています。
650円のハトムギ化粧水と比べると若干高めのため、なるべく節約したいと言う方はハトムギ化粧水の方が良いでしょう。

ハトムギ保湿ジェルは朝にも夜にも使える

ハトムギ保湿ジェルは朝お出かけ前の保湿ケアから、夜帰宅時のジェルパックまで使えます。
首回りの肌に塗布しても、ベタつかずにスッと浸透していきます。
180g入りと内容量が多いためにたっぷり使えるのも魅力の一つです。

きちんとケアを施していかなければ…。

きちんとケアを施していかなければ、老化現象に伴う肌の劣化を阻止できません。ちょっとした時間の合間に丁寧にマッサージをして、しわ予防対策を行うようにしましょう。
「これまで使用していたコスメが、なぜかフィットしなくなって肌荒れに見舞われてしまった」と言われる方は、ホルモンバランスが壊れているのかもしれません。
「メイクが崩れやすくなる」、「肌が黒ずみでいっぱいだ」、「実年齢より年上に見える」など、毛穴が緩んでいるとメリットはちっともありません。毛穴ケアに適したアイテムできっちり洗顔して滑らかな肌を作りましょう。
肌の汚れを落とす洗顔はスキンケアの土台になるものですが、効果的な洗顔方法を知らないという女性もたくさんいます。肌質に合わせた洗顔のやり方を把握しておくと良いでしょう。
「ニキビが気になるから」という理由で余分な皮脂を取り除いてしまおうと、一日に何回も洗顔するのはやめた方が無難です。洗顔を繰り返し過ぎると、驚くことに皮脂の分泌量が増えることになるからです。

肌荒れを引きおこす乾燥肌は体質に起因しているところが大きいので、念入りに保湿してもわずかの間まぎらわせるだけで、根底からの解決にはならないのが難しいところです。体の中から肌質を変えることが不可欠です。
30代40代と年齢を重ねていっても、普遍的に美しい人、魅力的な人に見られるかどうかのキーになるのは肌のきれいさです。適切なスキンケアでみずみずしい肌を手に入れて下さい。
「色白は十難隠す」と従来から伝えられてきた通り、白肌という特色を持っているだけで、女の人は魅力あるように見えるものです。美白ケアを行って、透明度の高い肌を実現しましょう。
ボディソープには様々な系統のものが市場展開されていますが、各々にピッタリなものを見極めることが大切なのです。乾燥肌で困っている人は、とにかく保湿成分がたくさん含まれているものを使うようにしてください。
大多数の日本人は欧米人とは対照的に、会話の間に表情筋を使用しないという傾向にあるとのことです。その影響により表情筋の衰退が進みやすく、しわが増す原因になると言われています。

自分の肌にしっくり来る化粧水や乳液を活用して、こつこつとお手入れしさえすれば、肌は原則として裏切ることはないでしょう。よって、スキンケアは手を抜かないことが大事になってきます。
シミをこれ以上作りたくないなら、いの一番に日焼け対策をしっかり行うことです。UVカット用品は一年通じて使い、なおかつ日傘やサングラスを愛用して普段から紫外線を阻止しましょう。
女性ばかりでなく、男性であっても肌が乾いてしまうと参っている人はめずらしくありません。顔が粉を吹いた状態になると汚らしく映ってしまうため、乾燥肌に対する念入りなケアが必須です。
これから先もハリのある美肌を持ち続けたいのなら、常習的に食習慣や睡眠に気を配り、しわを作らないよう念入りに対策を敢行していくことが重要です。
一度できてしまったシミを取り去ってしまうというのは簡単にできることではありません。ということで最初から発生することがないように、常時日焼け止めを使って、紫外線をブロックすることが求められます。